熱硬化性樹脂と、熱可塑性樹脂

プラスチックは、材料の段階で液の状態になるのですが、成形の方法により熱硬化性樹脂と、熱可塑性樹脂の2種類に分類することが可能です。熱を加えると柔らかくなり、冷やすと固まる樹脂のことを熱可塑性樹脂はといいます。温度により液…続きを読む続きを読む

野菜の鮮度を保つ梱包方法とは

インターネットを使いお客さんと直接やり取りをする農家が増えています。「鮮度の高い、美味しい野菜を食べてもらいたい」そんな農家の思いを届けるためには梱包の仕方が大切です。野菜の味や品質は常温と冷蔵で変わってきます。基本的に…続きを読む続きを読む

食文化を陰で支える「膜分離技術」

現代の食文化を支える技術の一つに、「膜分離技術」がありますが、日本には20世紀後半アメリカから入ってきた技術で、その後実用化が進み海水の淡水化にも寄与する技術として知られています。この膜分離技術は、食品分野では濃縮果汁の…続きを読む続きを読む

レトルト殺菌技術が調理済みカレーを実現

即席ラーメンの登場で、食文化が大きく変わっていくことを予見させる時代に、さらに人々を驚かせたのが柔軟な素材で包装された調理済みカレーのレトルト食品の登場でした。それまでは、固形のカレールーを溶かした中に野菜や肉を入れコト…続きを読む続きを読む

フリーズドライ製法食品が食文化を一変

食品の分野で、開発後も大いに貢献された技術は多々ありますが、その一つに「真空凍結乾燥技術(別名:フリーズドライ製法)」があります。きっかけは、20世紀初頭に始まった血液保存で導入された技術で、その後の大戦では軍人の携帯食…続きを読む続きを読む