野菜代用サプリと土壌作り問題

皆さんは、毎日、食卓に出されたものを、オートマティックに召し上がっていますか?それとも、食べたいものを食べたい時に、食べるといったような自己発信的にその日のメニューを選んでいますか?人間にとって食べる事は、生きる事に等しく、食べるものは、皆さんと同一であるといっても良いのかもしれません。ですから、食べるものについて考える事は、大変重要なことなのです。昨今、野菜などの食品に含まれる栄養素について、多くの研究者などが、その栄養価の低下を懸念するような文面を発表しているようです。その内容とは、おおざっぱに申し上げますと、ここ近年の50年もの間に、野菜の栄養価が急激に落ちているのだというような報告書であるようです。例えば、50年前に人々が食べていた、ほうれん草の栄養価と、現在、令和の時代に皆さんの食べている、それぞれのほうれん草の見た目は同じでも、含まれている栄養成分が、現在のほうれん草は、劣っているとなると、皆さんは何を感じどのような対策を行いますか?何倍ものほうれん草の量を食べなくては、50年前と同じような栄養素を摂取する事ができないとなってしまいますと、それは不可能であると誰しもが、感じるところではあります。このような問題の打開策として、多くの人々は、同等の栄養素を含むサプリメントの摂取を取り上げるのですが、実際には、サプリメントで摂取する栄養素の働きと、50年前のほうれん草を食品として摂取する中に、どのくらいの違いがあるのかは分かっていません。現代の野菜における栄養価の低下は、農作物をつくる土壌問題などが取り沙汰されていて、そこには、農薬、化学肥料、連作などの問題点があげられていますが、栄養素を豊富に含む野菜作りは、今後の大きな課題となっていきそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です