細胞の修復と生活習慣について

人間の細胞というのは、いまだに解明されていないことだらけだそうです。とても精巧なシステムを持っていて神秘的ともいえるような生命力に満ちているそうです。脳というものを考えてみると、神経細胞の働きなどはわかっているものの、それがなぜ知恵や意識を生み出していくのかはまったく解明されていないそうです。免疫や自己治癒力というのがありますが、これも部分的にはわかっているそうですが、全体的なことを考えると、わからないことだらけだそうです。一説には、人の元素から臓器に至る多層の階層構造を貫いている立体的な相互作用が起きているというものがあるそうです。この予測できない相互作用を創発現象とするならば、生命は創発現象の塊だといえるそうです。人の老いたら死ぬということも解明されていないそうです。細胞に組み込まれたプログラムという説もあるそうです。ちなみに人体から取って培養した細胞は、およそ50回分裂すると死ぬそうです。寿命が尽きるというのがプログラムされていることだとしたら誰が作ったか知りたくなります。分からないことだらけの人体ですが、わかっているのはこの細胞を食べることと呼吸することで生かして働かせているということのようです。細胞というのは、1個から2個に分裂するときに、タンパク質や分裂のためのエネルギーが必要だそうです。タンパク質やビタミン、ミネラルなどの栄養素や酸素を十分に供給するということが、必要となってくるそうです。そうしなければ細胞分裂は止まってしまって、健康なからだをつくることができなくなってしまうからだそうです。病気や怪我などをしたら修復もおこなわれるので、栄養素も必要となるものが多くなるのだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です