からだと食べ物の基礎知識について

食の大切さを考えたときに、なぜバランスのよい食事が健康に関係あるのか、食べたものはどのようにからだに作用しているのかということに感心を持つのはとても大切といえるそうです。生きるために食べるということ、健康でいるために食べるということは、からだを作っている細胞の仕組みやそれぞれの栄養素の働きを知ることでよりわかってくるかと思います。からだというのはいくつもの元素で構成されているそうです。酸素、炭素、水素、窒素の4元素が96%を占めているそうです。その他の元素として、カルシウム、マグネシウム、リンなどが骨格を作って、ナトリウム、カリウム、塩素などは細胞内外の体液中にあって生理作用に関わっているそうです。鉄は主に血液中のヘモグロビンとして存在しているそうです。栄養素で体成分は60%が水分で、それ以外はタンパク質、脂質、糖質、ミネラル、ビタミンの5大栄養素となるそうです。食事でたくさん摂っているのは糖質となるそうです。体成分としては糖質というのが0.5%だそうです。このとても少ないというのは、糖質がエネルギー源として代謝されるからだそうです。そして余った糖質は脂質として体内に蓄えられるからだそうです。ダイエットの方法で糖質カットダイエットというのがありますが、脂肪になってしまう前にどんどん糖質を使うのがいいようです。よく将棋の人が細身が多いのは、脳みそをフル回転して糖質を使いまくっているからだと聞きますが、とにかく太らないためには糖質を使うということのような気がします。ただ頭も使わず、運動も嫌いといって、糖質をオフにしてしまうのは体にも良くないような気がします。サプリにも糖質オフというのがあるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です