マツエクに月1万5千円ほどはかけています。

私は、美容の中でも一番は、目に重視しています。なので、マツエクのメンテナンスなどで、毎月、最低でも、1万5千円ほどのお金をかけています。毎月、化粧品代以外に、マツエクの1万円5千円ほどの出費は、高いですが、それでもマツエクをしていると、すっぴんでも、薄くお化粧をしているように見えるようなので、家事、子育てで忙しい時には、近場の買い出しや外出だとすっぴんで出られるので、時短になり、気分的にも余裕ができます。
やっぱり女性にとって、見だしなみを、きちんとしていないと、気分的にも余裕がなくなってくるので、育児中の私にとって、マツエクは、必要なものなので、他の物を節約してでも、マツエクの費用にまわしています。
そして、私が、マツエクをつけ始めたキッカケは、出産してからでした。毎日、家事、育児に追われて、見だしなみにも気を使う余裕すらなくなっていて、気分まで、ピリピリし始めていた時に、気分転換に一度、マツエクをしに行ったことがあり、すごく気分が晴れて、小さい子供にも余裕をもって接することができていることに気づいてから、マツエクをするだけで、こんなに、自分の気持ちを変えれるのだと実感してから、今まで、毎月のマツエクのメンテナンスや、利用は、欠かせないものになりました。
私にとって、マツエクは、今しかない子供や、家族との時間をきちんと味わえるお金で買えないものを大事にすることができるためには、必要不可欠なものになっています。
やっぱり、顔のパーツの中で、目の印象は、すごく大事なもので、目の印象で、その人自身の印象が決まる!と言っても過言ではないと思っています。
育児をしていると、正直なところ、すごく疲れる日もありますが、マツエクをしているおかげで、疲れている日でも、そこまで、疲れた表情に見えないので、外出するのも苦にならなくなりました。
マツエクには、毎月、相当なお金をかけていますが、お金では買えない、たくさんのものが、得られているのは、日々、実感できています。
マツエクをやめて、お金がかからなくなったとしても、逆に気分も疲れたり、気分が晴れない日が、今よりも多くなって、今しかない育児の時間を楽しむことができなくなって、いつか、子供が成長した時に、今の時間を後悔することになると思います。
なので、子供が小さい間は、マツエクにお金をかけることは、必要なものなので、仕方がないと思っています。
子供に、もう少し手がかからなくなったら、その時は、また、マスカラや、つけまつげなどに変えようとは、思っています。