白髪染にはお金がかかる・・・カラーとトリートメントで約1万円

私の一番の悩みは白髪です。最近50才になったので仕方がないのですが、シミやシワよりも白髪が増えていくのがイヤです。目立ってきたなと思い始めたのは40才になってからです。初めは自分で白髪染めを買って染めればキレイを保てたのですが、1ヶ月すると分け目や生え際が白くなってきます。歳を重ねるごとに4、5本の束になって白くなっていると急におばあちゃんになったみたいで心の中で「いやだぁぁぁ!」と叫んでいます。

そこでプロを頼るしかありません。行き付けの美容室に月に一度は必ず染めに行きます。お値段はロングでもカットとカラーとトリートメントで約1万円です。安いと思われる方が多いでしょうが、我が家にとっては結構な出費です。でも、キレイに染まった髪を見ると安心するし気分も上がります。誰に見られてもこれで平気だと満足な日々が暫く過ごせます。

なぜここまで気にするかというと、私には中学生の息子がいるのですが、周りのママたちは若い人が多いんです。かと思えば、私よりずっと年下なのに服装に全く気を遣わず髪は白髪がいっぱいでヤマンバ(?)みたいな人もいます。私は後者になるのは絶対イヤです。それに学校の先生も小学校に比べて若い男の先生がたくさんいます。子供の部活動の試合や面談などで近距離でお話する機会が以外とあるので、女性としてそして息子の為にもなるべく若々しく、小綺麗にしていなくては!と思ったのです。

おかげで初対面の人などに年齢を聞かれると私は結構正直に答えてしまう人なので「え?もっと若いかと思った
」とか「50には見えないね」とお世辞でも嬉しい言葉が返ってきます。こんな時「あー、白髪がなくてよかった!」と心から思います。

さらにある日ママ友に「ねえ、ちょっと聞きにくいんだけど、彼氏とかいるの?」と身に覚えのないことを言われました。普段から冗談で「お茶する若い彼氏でも欲しいな」と言ってたからかな? でも良く聞いてみると同じ学校のお母さんが私の車の助手席に若い男を乗せてるのを見たらしいのです。もうお腹を抱えて笑いました。それは息子だからです。確かに私と息子は仲良しで映画や食事、ロックのライブも行きます。スーパーでも私たちを見て世間の方の疑惑の眼差しを感じます。なので「親子なんだけどなー」と思いながらその状況を楽しんでいます。

これらの事から、家計を遣り繰りして毎月の美容院代を捻出しているのはやりがいがあります。もし私が「お金が勿体無いから自分の事は後回し」のような考えだったら今どんな姿になっているのでしょう?考えただけでも恐ろしくなります。やはり出来る範囲で女性は美容には気を遣い、家計に影響ない程度にお金をかけるべきです。というかお金をかけないとキレイになれないと思います。お金と引き換えに安らかで豊かな気持ちで暮らせるのは素敵な事です。